アマゾンギフト券買取の違法性は?

アマゾンギフト券の買取には、さまざまな意見が上がっています。中には、買取と聞いただけで現金化をイメージし、根拠もなく違法な手法であるという見方をしている人もいるようです。手元に、使用していないアマゾンギフト券を持っているけれども、違法性があるのではないかと不安に感じて買取依頼をできずにいる方もいらっしゃるでしょう。今回は、このアマゾンギフト券買取が違法性のある手法なのかについてお話ししたいと思います。

 

 

アマゾンギフト券を買い取ってもらっても法に触れることはありません

まず、アマゾンギフト券を買取してもらったからといっても、そのこと自体に違法性はありません。商品券やギフトカードなどを金券ショップに持ち込んで、買取してもらっても誰も逮捕されることがないのと同じです。しかし、換金を目的としたクレジットカードの利用は、クレジット会社で禁止している行為です。また、現金化を行う業者側も、やり方次第では違法性を問われることもあるでしょう。しかし、アマゾンギフト券は、コンビニで購入することも可能なギフト券です。アマゾンギフト券を買取してもらうことと、これらのクレジットカードの話は直接関連性のある話ではなく、違法性もないのです。

 

 

違法ではないが用途を誤ると規約違反には当たる

アマゾンギフト券を買い取ってもらうこと自体には、違法性はありません。しかし、Amazon側としては、転売目的や換金をすることを目的としてアマゾンギフト券を購入するのは、規約上認められていない行為になります。もし、規約違反であるとAmazon側が判断した場合には、該当のアマゾンギフト券は無効になります。また、Amazonの公式サイトから、クレジットカードなどを使用して、アマゾンギフト券を購入されている方の場合は、最悪アカウントの剥奪の可能性もあるのです。

 

 

ただし買取業者はどこでもよいわけではありません

アマゾンギフト券を買取する業者の中には、悪質な業者もあるため、注意は必要です。無用な不安を与えることなく買取を行ってもらえるよう、信頼できる業者で買取をしてもらうことが大切です。アマゾネックスでは、これまで3万件以上といった多くの方に信頼をいただいております。アマゾンギフト券の買取業者をお探しであれば、一度ご相談ください。

アマゾンギフト券は買取から即日で現金化してもらえるのか?

アマゾンギフト券を買取してもらうには、インターネット上で申し込みをする必要があります。金券ショップなどの実店舗で買取をしてもらえれば、その場でお金を受け取ることができますが、ネットとなるといつ現金化して振り込んでもらえるのかと不安に思う方もいらっしゃるのではないでしょうか?今回は、この買取から現金化までの時間についてお話ししたいと思います。

 

 

多くの買取業者が翌日~翌々日までに振り込み対応してくれる

アマゾンギフト券の買取業者は、その業者によって対応がさまざまとなっています。ですが、多くの場合翌日、遅くとも翌々日までには、指定の口座へと買取額を振り込んでくれるシステムになっているようです。不正の確認にかかる作業ももちろんありますし、振り込みをするための銀行口座の受付時間の関係もあるのでしょう。金券ショップと比較すると、多少のタイムラグは必要としてしまいますが、実店舗まで足を運ばずに換金できるので、そういった面では多少のタイムラグは許容範囲内だと考える人も少なくないようです。

 

 

即日をうたっている業者にも注意が必要

アマゾンギフト券の買取業者の中には、「即日の現金化」や「30分で振り込み」とすぐにでも換金できるようにホームページに記載をしているところもあります。しかし、指定口座によっては即日振り込みがされないケースも決して少なくないため、注意が必要です。特に都市銀行や地方銀行などを指定した場合、申込時間の関係などから、翌日に振り込み手続き→振り込みはさらにその翌日となるケースもあるのです。こればっかりは仕方がない事ではありますが、どうしても即日現金化してもらう必要がある場合は、買取手続きを行う前に、業者に直接確認することをおすすめします。

 

 

 

アマゾネックスは即日振り込みにも対応!

アマゾンギフト券を専門に買取しているアマゾネックスは、買取申し込みから30分ほどで査定を完了させて振り込みしてくれる業者です。ゆうちょ銀行、楽天銀行、ジャパンネット銀行のいずれかの口座を持っている場合は、土日に関係なく24時間いつでも振り込みに対応してくれます。そのほかの銀行の場合ですと、平日15時までの対応になりますが、それでもできるだけ早く振り込むよう対応してくれるので、急ぎの場合は安心して利用ができますね。

アマゾンギフト券の換金率はどれくらい?お得に買取してもらうには

アマゾンギフト券の買取業者は、年々増加傾向にあります。しかし、業者によって買取額や買取率というのは、大きく異なっているようです。一体、アマゾンギフト券の換金率はどれくらいになるものなのでしょうか?お得に買取してもらえる方法とあわせてチェックしていきましょう。

 

 

アマゾンギフト券の買取率の平均は90%ほど

インターネット上には、アマゾンギフト券の買取を専門としている業者やネット店舗が数多くあります。それぞれの業者で買取率は異なるようですが、およそ85%~90%ほどが平均的な買取率になっているようです。中には、90%以上といった高買取率を設定している業者もあるので、ここはしっかりとチェックして選んだ方が良いでしょう。

 

 

アマゾンギフト券の種類によっても買取率は異なる

アマゾンギフト券には、ざっくりと分けて3種類のタイプがあります。買取率は、それぞれ一律としているところもありますが、ギフト券の種類によって買取率が異なるケースも実は少なくありません。最も買取率が高い傾向にあるのが、Eメールタイプのアマゾンギフト券です。カードタイプや印刷タイプのアマゾンギフト券となると、買取自体をしていないか、それよりもやや低い買取率になっている場合が多いようです。アマゾンギフト券を買い取ってもらう際は、この種類や買取可能なタイプかどうかも確認してから業者を決めるとよいでしょう。また、買取率は在庫状況などの関係で、変動する可能性もありますので、確認してから買取依頼をしてもらうとよいかもしれません。

 

 

 

アマゾンギフト券買取専門のアマゾネックスは最大買取率なんと94%!

平均換金率85%~90%というアマゾンギフト券の買取業界ですが、アマゾネックスでは最大94%もの高買取率を誇っています。また、アマゾンギフト券の種類も、一般的なEメールタイプの他、カードタイプやPDF印刷タイプのものまで、しっかりと対応いたしております。買取の際には、手数料などをたくさん取る業者もいるようですが、アマゾネックスでは3万円以上の買取については、振込手数料も無料にて対応してくれるのです。より高い換金率をお求めの際は、ぜひチェックしてみて下さいね。

アマゾンギフト券は個人でも買取してもらうことは可能か?

まだまだ多くの方に知られていないアマゾンギフト券の買取ですが、アマゾンギフト券は、個人でも買取してもらうことができるのでしょうか?店舗へ行かない形の買取業者が多いため、個人での買取はできないと思い込んでいる方もいらっしゃるでしょう。

 

個人では買取してもらうのは難しいのではないかと、不安に感じたり、買取依頼を迷っている方もいらっしゃるのではないでしょうか?今回は、この疑問についてお話しいたしましょう。

 

 

アマゾンギフト券は個人の方からも買取可能です

アマゾンギフト券は、個人の方はもちろん法人からも買取可能なギフト券になります。コンビニでも販売されているようなカードタイプのアマゾンギフト券であれば、近くの金券ショップなどでも買取をしてもらうことができるでしょう。ただし、Eメールなどで送られた、メールタイプのアマゾンギフト券などの場合ですと、店舗型の金券ショップでは個人、法人問わず買取をしてもらえない場合が多く、注意が必要です。

 

このような場合には、インターネットに店舗を構えるアマゾンギフト券買取の専門業者を利用すると安心です。ネットの買取業者を利用すれば、問題なく個人の方でも買取をしてくれるでしょう。

 

 

 

個人がアマゾンギフト券を買取してもらう際に必要な物は?

個人がアマゾンギフト券を買取してもらう際には、アマゾンギフト券(ギフトコード番号)の他に、不正を防ぐための理由で身分を確認できる物が必要となります。基本的には、本人確認ができる身分証であれば問題ない場合がほとんどです。例えば、運転免許証、健康保険証、住民基本台帳カードなどのうち、いずれかひとつがあれば大丈夫でしょう。もし、こういった本人確認資料などがない場合でも、ご用意いただける書類があれば問題がないケースもありますので、買取業者に相談してみるのも良いでしょう。

 

 

 

アマゾンギフト券買取業者アマゾネックスでは個人からの買取歓迎します!

どのタイプのアマゾンギフト券でも、タイプを問わず買取可能なアマゾネックスでは、個人様からの買取依頼にも快く応じさせていただいております。どのタイプでも買取が可能で、最大で94%という高買取率となっているため、多くの方に喜ばれています。フォームからの直接のお申し込みの他にも、お電話や実店舗でのご相談対応にもう応じますので、安心してご利用ください。

アマゾンで買い物して携帯代を年間10万円安くしよう(後編)

みなさん、こんにちは。金券買取業界のご意見番、でかっちです。
前回の続編、「アマゾンで買い物して携帯代を年間10万円安くしよう。」の後編です。

 

前回のおさらいですが、安くするポイントは格安SIMに乗り換えるということ、そして、ネックになっているのが「現在ドコモに契約している以外はメリットが受けられないのではないか?」という点でした。でも、「蛇の道は蛇」と申します。抜け道がありました。

 

 

さて、ここからはアマゾンのご厄介になります。いつもありがとう、アマゾン様さま。
スマホは日本では契約会社以外はSIMを入れ替えても使用することはできません。いわゆる「SIMロック」ってやつなんですが、これもまた「ロック」されてると「アンロック」したくなる人がいるのも世の常。そうなんです。このSIMロックを解除する「アンロック商品」を売ってる人がいます。もちろん、合法です。自分のホームページで売れば、それはそれでいいのですが、やはり、販売の王様「アマゾン」で売れば、販売数が圧倒的に伸びるんですね。
アマゾンで手数料を引かれるとしても、数の論理で売り上げが大きくなるわけですから。

 

 

試しに、アマゾンに行って「SIM解除アダプター」でサイト内検索をかけてみてください。山のように出てきます。そして、それぞれが安い。1,000円未満で買えるんです。安いものは500円ってのもあります。そのSIM解除アダプターを使えば、各携帯会社でかけているSIMロックが解除されて、あなたのスマホはSIMフリー状態になるんです。
もちろん、機種などによっては若干必要になるアクションもありますが、それは割愛します。

 

 

このように、たった500円でSIMフリー化できるのなら、携帯会社も無理にSIMロックにこだわる必要はないような気もしますが、そこはそれ、大人の事情があるんでしょう。で、SIMフリー化したスマホの誕生となる訳ですが、そこに格安SIMを差してドコモの電波に乗って重苦しい携帯代金地獄から抜け出すことができるという訳です。

 

 

では、月々いくらになるのか?という疑問が残ってくる訳ですが、詳細は検索して調べて頂くとして(自力で調べるということがあなたの切実な本気度を測る一つの目安にもなります)、タイトルの通り年間で10万円を削減するのも夢ではありません。しかも、節約して使っている訳ではなく、普通に使っているのに、ですよ。

 

 

それと、肝心な格安SIMは一体どうやって契約するのか?という点。
実は、これもアマゾンのお世話になるんですね。というよりは、何かモノやサービスを買おうというアクションを起こそうと思ったら、アマゾン内で検索してみるといいんです。アマゾンは「お買い物サイト」ではありますが、今や「商品・サービスポータルサイト」と言っても過言ではないと思います。私もご多分に漏れずアマゾンでIIJという会社を見つけ、即ポチッとして、今やリサイクル屋で購入したdocomo版のiPhone6 plusに格安SIMを積んで、iPhoneライフを楽しんでいます。

 

 

そうそう月額の料金ですが、初月は事務手数料2,000円が乗ったものの、その他の月は平均して2000円/月を切っています。概ね1,700円前後です。どうです?年間10万円の削減はオーバーじゃないでしょう?

 

 

 

今回のアクションでは、アマゾンギフト券を持っている人なら、すべてそれで完結できますし、この際だからiPhoneも新しい機種にしたいと思っていらっしゃるのであれば、お手元のアマゾンギフト券を当社にお売り頂ければ、新機種購入代金に充てられるということになります。アマゾン同様、当社のアマゾンギフト券買取を上手に活用して、楽しいデジタルライフをお送りください。

アマゾンで買い物して携帯代を年間10万円安くしよう(前編)

みなさん、こんにちは。金券買取業界のご意見番、でかっちです。今回は、「iPhone7はどんな形になるのかというタイトルで書かせていただきたいと思います。

 

 

皆さんの携帯は「スマホ」ですか?それとも「iPhone」?
私は、やはり、大人気のiPhone6 plusです。本当は、最新のiPhone6s plusのSIMフリー版が欲しいのですが、高くって手が出ません。「携帯キャリアに行って、契約してしまえば本体価格など気にしなくてもすむだろう?」なんて言うご指摘を受けそうですが、私には明確な目的があるんです。携帯代を安くしたい。おまけに、貧乏貧乏貧乏貧乏貧乏貧乏なのだ〜。(エコーかかってます)

 

 

もちろん、携帯各社の携帯代金はぼちぼち下がってきました。でも、普通に契約すると分割の本体代金を加えると、何もしなくても安くても7,000円あたりではないですか?まぁ私の周囲では10,000円近くかかっている人が多い。通信データ量が足りずに追加購入する方が多いからです。例の「3ギガ縛り」のからであります。2万円って人もざらにいますよね。

 

 

しかし、私にはそんな金はない!断言します(涙)
毎月2万も払ってたら年間24万円になってしまいますよ。これが15千円で18万円です。絶対にもったいないでしょう。みなさんはスマホでどんなことしているんでしょうか?LINE、メール、ブラウジングあたりは誰でもやるとして、ゲームですか?facebook、twitter,InstagramにVineとか…..。私は正直そういうのは大体スマホでやらんでいいと思ってるんです。もちろん、ちょっと閲覧したり、コメントしたりするくらいはします。でも、ほとんどの作業はうちに帰ればやれるんですね。だから、大してデータ量も使わないんです。

 

 

ということで、何かいいものはないかと「アマゾン依存症」の私は策をめぐらした結果、ひとつの結論にぶちあたるんですね。今やっと少し動きが出てきた「格安SIM」ってやつに乗り換えてみたらどうかと結論に至りました。実は、この格安SIMって様々な会社から出ています。ヤマダ電機とかBICカメラの家電量販店を筆頭に、DMMなどのエンタメ系とか楽天モバイル、BIGLOBEにOCNモバイルONEといった大手まで。賢いあなた。「いつの間にアンテナを立てたんだ?」って思いましたよね。そうじゃないんですね。アンテナを借りてるんですよ。既存の携帯会社に。しかも、それが大手3社すべてじゃなくって、NTTドコモだけにです。

 

 

これで言えるコトは、携帯会社を格安SIMスマホに乗り換えても、電波が悪いってコトはないということです。だって、ドコモと同じ回線だから。それと、もうひとつありますよ。あなたの今持っているドコモのスマホがそのままSIMを入れ替えただけですぐに使えるんです。だから、ドコモユーザーは、さくっと変更できるって寸法です。

 

 

じゃぁ、ソフトバンクやauはどうなのとなりますが、これはこのままでは使用できません。しかし、ボンビーでかっちは「仕方ないから諦めよう」なんて発想を持っていません。むしろ、絶対に抜け道があるはずだと勇気を振り絞って、検索の嵐です。そして、見つけた答えが、今回のお題の結論になります。(つづく)

恐怖!アマゾンギフト券買取の怪(手の内を見せるのである編)

みなさん、こんにちは。金券買取業界のご意見番、でかっちです。さて、前回に引き続き「恐怖!アマゾンギフト券買取の怪」の続編を書かせていただきたいと思います。

 

 

さて、前回の軽いおさらいをしておきましょう。「金券の買取はビジネスである」ということをお話ししました。まぁまぁ聞いてください。「何を当たり前のことを言ってるんだ」なんて思わないで下さいね。これって大変大事なところなんです。ここはテストに出ますよ(笑)
冗談はさておき、私たちが出会う世の中の様々なモノ・コト・サービスのほとんどは「ビジネス」であるといってもいい。これは日本は資本主義経済を基盤にする国である以上、当然だと思います。それならば、共産主義のロシアや中国がビジネスをするのは、どうしてなんだ?という素朴な疑問はまたの機会に譲るとして、ここは本題に入っていきます。

 

 

「金券の買取はビジネスである」ということは、どういうことでしょうか?
結果を端的に申し上げると、金券買取は「ビジネス」である以上は「儲ける(利益を上げる)」ことを求められます。「金券買取」というビジネスをより具体的に表現すれば、「原材料としてギフト券を購入(仕入れ)」して、誰かに「転売」する行為です。ユーザーから安く買って、自分たちはさまざまなルートで高く換金することによって、その「差額」で儲けているわけです。
その「差額」は大きければ大きいほど良いということになります。これも単純な仕組みですよね。

 

 

そうすると、アマゾンギフト券買取業者はどう考えるでしょうか?

皆様もお分かりの通り、答えは、「安く仕入れて高く売る」ですよね。これがビジネスで利益を得るための鉄則であり、明快な答えになるだろうと思います。偉そうに言ってますが、我々アマゾネックスもそうなんですね。

 

 

そこで、ユーザーの皆様に気をつけなければならないことがて欲しいことがあります。
同業他社と比較して「買取率が非常に高いというのはどういうことでしょうか?「身を削って頑張ってる」「薄利多売を狙ってる」「話題性で顧客を呼び込んでいる」どれも正解と言えるでしょう。まず、ビジネスですから、お客様が来ないことには始まりません。そして、数多ある同業他はから自社を選んでもらうには、さまざまな努力が必要となりますが、そのひとつが「他社より高い買取をする」という行為であり、それは他社から自社に目を向けさせ、少々の利益(質)を削ってでも、契約数(量)を確保するという判断になるのです。

 

 

 

そこでユーザーの皆様には注意が必要になるんです。

「お客様の利益を増やす」ということは、つまり「自社の利益を削る」ということと、間接的・直接的な影響を含めて、ほぼ同義と言っても良いと思います。そして、この「自社の利益を削る」という行為には、企業の経営判断においては、特に金券買取ビジネスにとっては、大きなリスクとはらむことになるのです。(つづく)

恐怖!アマゾンギフト券買取の怪(金券買取はビジネスである編)

みなさん、こんにちは。金券買取業界のご意見番、でかっちです。

世の中何をやるにもお金がかかってしまいますよね。「金は天下の回りもの」とは言っても、自分の懐具合を眺めていると本当に「お金は回ってきてるのか?」と疑いたくなってしまうものです(涙)

 

 

さて、皆様が気になっていらっしゃる身の回りの謎を、アマゾネックスのご意見番の◯◯が経験を交えながら、やさしく紐解いていく、このコーナーですが、今回のタイトルは「恐怖!アマゾンギフト券買取の怪」ということで、なんだかおどろおどろしいですが(笑)要するに「安全なアマゾンギフト券買取業者の見分け方」をご紹介したいと思います。

 

 

さて、どんな業界にも業者を騙し、不正にお金を得ようとする悪質なユーザーも存在ますし、その逆に、ユーザーをあらゆる手口で騙す悪徳業者の存在はつき物です。世間でのamazonギフト券買取の認知と普及に伴って、売る方、買う方の双方に詐欺の被害が急増して来ているようです。

 

 

特に、ショッピングサイトのamazonの本体利用者が増加したこと、知名度が上がってきたことに伴って「amazonギフト券買取」の利用者も急増して来ました。この「急増」がくせもので、このことは、即ち、トラブルが発生しても、情報としてユーザーの皆様方へ浸透するまでには至ってないということになっているようです。そういうこともあって、多くのユーザーの皆様方のリスク意識が乏しく、詐欺等の被害も出てきているようです。同業者としては、大変嘆かわしく、恐ろしい話です。では、この詐欺被害を回避するために何が必要なのか?ということを少し考えてみました。

 

 

これまでにお取引があったユーザー様や様々な媒体を通じて入手出来る被害情報をまとめると、ほとんどの方が「買取率」を優先させたということのようです。後で冷静になって考えれば、「なぜもっと慎重に取引業者の選定をしなかったのか?」という疑問が浮かんできますが、それは、「後出しジャンケン」に過ぎません。よく言われる「マーフィーの法則」ではありませんが、「お金が必要な時は、必ず突然やってくるし、おかげで工面までの時間がない。」ということが多いのです。なによりも「買取率」は重要な要素ではあります。なぜなら、皆様の懐具合に直結するからです。誰だって、もちろん、私だって少しでも高い価格で契約をしたいものなんです。だからこそ、その「買取率」が詐欺被害の一因になっいるのです。

 

 

さて、それならば、ここからは、「一体どうすれば詐欺被害にあわないためのか?」という点について書いていきましょう。なんといっても「敵を知り、己を知れば百戦危うからず」ということですからね。まず、大前提として再確認しなければならないのは、そして、このことが一番重要だと思うのですが、あくまでも「金券の買取はビジネスである」という点です。
つまり、アマゾンギフト券買取業者は、ボランティアとか無料サービスとか福祉事業などではなく、正真正銘の「ビジネス」であるということです。(つづく)

HOME