電子ギフトの今後の課題とは?

年々利用者も増え、さまざまな種類のものが販売されるようになりつつある電子ギフト。市場規模は拡大の一途をたどっているようにも見えるため、特別課題などはなさそうにも思えます。しかし、これからより多くの人に電子ギフトを利用してもらうためにはいくつかの課題があるというのです。果たしてそれは、どのようなものがあげられるのでしょうか?

 

企業側の認知度がまだまだ低いという現実がある

 

アマゾンギフト券などは、多くの人がギフト用としても自己利用のためにも購入されている商品です。しかし、キャンペーンのプレゼントや景品として活用できることを知らないといった企業も多く、まだまだ認知度が低い傾向にあります。このため、使いたい人が使うだけにとどまっているといった面もあるのです。企業側がもっとアプローチしたり、景品として利用するなどすれば、その分多くの方に知ってもらうことができるのですが、肝心の企業側でこの電子ギフトの事を理解していない人が多く、導入につながらないといった点もあるのです。そのため、新たな市場の拡大という点や、プロモーション不足などが今後の大きな課題となってくることが予想されているのです。

 

ユーザー側の認知度もまだまだ足りない状況にある

 

近年では比較的デジタルコンテンツなどを苦手とするとされる主婦層でも、スーパーなどでかざすだけで手軽に決済ができる電子マネーを利用する人が多くなってきました。これは、店頭や専用機で簡単にチャージができて、実際店頭で利用することができるという簡単さと、ポイントが付与されるといった目に見えるお得感が普及の理由でもあります。

 

しかし、デジタルギフトとなると女性、特に主婦層にはあまり人気がなく、もらうなら昔ながらの商品券がいいわという人が多いとされているのです。アマゾンギフト券などは、食料品や生活雑貨などがお得に購入できるのですが、そういった事実を知らない人が多く、また知る機会もほとんどないといった問題があるのです。普段から関連するサービスを利用する人にしか、良さが伝わらないといった認知度の低さや、低くなってしまう環境がまだまだ強いともいえるでしょう。

 

電子ギフトは今後、間違いなく伸びていく市場だといえるでしょう。しかし、このように「知らない」「知る機会がない」ということは、今後市場規模を拡大していくうえで大きな課題となってくるのです。この問題をどのようにして解消していくのかは、それぞれの企業次第だともいえます。せっかく便利に利用ができる電子ギフト、ユーザーにとってもより使いやすい環境が広がるとよいですね。

HOME