アマゾンギフト券と合わせて使える支払い方法はどれ?

アマゾンアカウントに登録してあるアマゾンギフト券の残高が少なくなってしまった時、ちょっぴりドキドキすることってありませんか?追加できるアマゾンギフト券がある場合には、そのままアカウントに追加してしまえばいいので不安になることはないかと思いますが、問題は他の支払い方法と合わせて支払う場合です。アマゾンギフト券との組み合わせによっては、支払いができない可能性もあるため、ビクビクしながら支払い方法を選択するという方もいらっしゃるかもしれませんね。そこで今回は、このような時も不安にならないよう、アマゾンギフト券と組み合わせて支払える支払い方法についてみていきたいと思います。

 

アマゾンギフト券と合わせて使える支払い方法は大きく分けて4つ

 

アマゾンギフト券の残金が少額しかない場合、残りの分は他の支払い方法を選択する必要があります。この際選択できる支払い方法は基本的には4つあります。

 

最もスムーズで便利なのはやはり、クレジットカード払いでしょう。すでにクレジットカードの登録が済んでいる場合には、アマゾンギフト券を使用して、残りはクレジットカードで支払えばOKです。

 

次に利用可能なのは、コンビニ・ATM・ネットバンキング・Edy払いです。これはいわゆる「先払い」という形になるのですが、あらかじめアマゾンギフトを利用して支払い、残額をそれぞれの方法で支払う形になります。コンビニなどの場合は、足を運んで専用端末で支払う必要があるため少々手間になる可能性はありますが、利用されている方が多い支払い方法でもあり、安全性も高いです。

 

もちろん、代金引換も利用可能です。アマゾンギフト券で支払い分を確定させた後、残りの分の金額は代金引換という形で発送してもらうことも可能です。ただし、この場合には代金引換手数料として324円が余分に発生するため注意が必要です。ただし、金額は多少上がっても手間はなくなりますので、こちらも便利ですね。

 

一部情報で、アマゾンギフト券とアマゾンポイントは併用利用ができないといった情報もありますが、決してそのようなことはありません。ただし、1Clickで購入する支払い方法にしていると、選択することができないため、支払時には「レジに進む」をクリックして支払うようにしましょう。ポイントを入力して再計算する形になりますので、それに沿って支払いをすればOKです。

 

併用支払時にはアマゾンギフト券の利用金額は指定できない

 

ただし、一つだけ注意があります。アマゾンギフト券を使用して支払う場合には、利用金額の指定ができません。残額であれば残額分すべて使う形になります。1000円分のアマゾンギフト券を追加購入して登録をした場合、500円だけ使って後は現金で支払うということができないのです。もしもアマゾンギフト券を追加購入するのであれば、15円から1円単位で追加購入できますので、商品代金からアマゾンギフト券の残額を差し引いた分だけ購入するようにしてあわせて使うとよいでしょう。

HOME