今後のアマゾンギフト券の普及について

これまで、アマゾンギフト券というと、自分で購入するかプレゼントして受け取るのが一般的な入手方法でした。しかし、今後さまざまなルートで、アマゾンギフト券を手にする機会が増えてくることを期待させるようなニュースが飛び込んできました。

 

今回は、従来とは違ったアマゾンギフト券の入手方法と、今後の普及の展望について考えていきたいと思います。

 

 

・外貨を電子マネーに変換できるシステム「ポケットチェンジ」

2016年7月、羽田空港をはじめとして「ポストチェンジ」というサービスが導入されることが話題になっています。ポストチェンジとは、外貨を電子マネーへと変換することができるシステムです。現在のところ、日本円や米ドル、ユーロが交換の対象となっています。これは、日本初の画期的なサービスになると注目を集めています。

設置されている専用の機械に手持ちの外貨を投入し、希望する電子マネーの種類を選択するだけのシンプルな操作になります。銀行や両替所などへ行く手間が省けるほか、電子マネーやギフトコードなどにすぐに変換できる点が大きな魅力になります。

 

 

・どんな電子マネーに返金が可能なのか?

注目したいのは、やはりどのような電子マネーに換金ができるのか?という点でしょう。今の段階では、SuicaやPASMOのような全国交通系ICをはじめ、楽天Edyのような電子マネーになります。また、LINEギフトやAmazonギフト、iTunesコードなどにも変換が可能で、こちらは各国のギフトコードに変換が可能となっています。

ちなみに、交換レートは為替の変動に応じて更新されるため、上手く利用すれば割高な形で変換することも可能です。詳細については公表されていませんが、1~2割ほど手数料もかかる予定のようですので、換金時には注意が必要です。

 

 

・今後はアマゾンギフト券の普及にもつながる

このポケットチェンジのサービスの出現は、アマゾンギフト券へ外貨を変換する手段が増えたことを意味しています。小額紙幣や両替が難しい硬貨なども換金が可能になるため、非常に便利です。単純に現金をアマゾンギフト券にするというだけではなく、余った外貨を変換できるということは、非常にポイントが高いといえるでしょう。今後のアマゾンギフト券の普及にも大きくつながることが予想されますね。

HOME