アマゾンギフト券を買い取ってもらう際は有効期限に注意

近年、アマゾンギフト券を買取してもらうことで、現金を手にする方法が注目され、その手法も多く知られるようになりつつあります。せっかくアマゾンギフト券を持っていても、購入するものがなく持て余していた人にとって、換金してもらうことができるというのは非常にうれしいことだと思います。

 

しかし、このアマゾンギフト券の買取を希望する際には、確認が必要な点が一つあります。それは、アマゾンギフト券の有効期限です。実は、一部のアマゾンギフト券には有効期限があり、これを過ぎてしまうと、ギフト券として使用することはもちろんできませんし、買取業者では買い取ることができないのです。今回は、このアマゾンギフト券の有効期限についてわかりやすくまとめてみました。

 

 

・アマゾンギフト券の有効期限とは?

アマゾンギフト券は、購入タイプや種類によってそれぞれ異なる有効期限が設定されています。一般向けに販売されているものであれば、基本的にはどのタイプ(Eメールタイプ、プラスティックカードタイプ、チャージタイプ)も発行から1年が有効期限となります。

ただし、法人向けのアマゾンギフト券は有効期限が、発行から2年間となるほか、コンビニ各社にある端末で購入できるような、シートタイプのものにつきましては、発行から3年と非常に長くなります。

 

 

・アマゾンギフト券の有効期限確認方法

「あれ、このアマゾンギフト券いつが有効期限だったっけ?」確認したくても、確認方法がわからなければ困ってしまいますよね?

シートタイプであれば、購入した控えに有効期限が記載されていますので、すぐに確認することができます。Eメールタイプも、送信日が発効日に当たりますので、メールの控えが残っていればすぐにわかるでしょう。では、ギフト番号しかわからない場合や、すでにアカウントに登録している場合はどのようにして確認すればよいのでしょうか?

 

お手元にパソコンがある場合は、アマゾン公式サイトのアカウントサービス内にて確認することが可能です。アカウントサービスの「お支払方法の設定」という項目の中に、「残高・利用履歴の確認」というページへのリンクがあります。こちらをクリックすると、登録されたアマゾンギフト券、それぞれの残高や有効期限がギフトナンバーごとに確認できるようになっているのです。

 

 

・有効期限の確認には注意が必要

先ほどのように、アカウントにコードを登録することで、有効期限はすぐに確認することができます。しかし、アマゾンギフト券の買取業者の中には、このように登録してしまったギフト券は買取から除外としている業者もあるため注意が必要です。

 

手元にパッケージ版のカードタイプのアマゾンギフト券などがあり、有効期限がわからない場合などは、アマゾン公式のカスタマーサービスを利用すると安全です。(フリーダイヤル 0120-999-373)

 

スマホアプリ版しか利用していない方の場合も、アプリでは有効期限が確認できませんので、同様にカスタマーサービスに電話をして確認することをおすすめいたします。

HOME