アマゾンギフト券の種類と買取依頼の際の注意事項

アマゾンギフト券にはいろいろな種類やタイプのものがあります。ネット上にはさまざまなアマゾンギフト券の買取業者やショップがありますが、そのショップによって買取できるものと買取できないものがあります。そのため、自分の持っているアマゾンギフト券がその業者の買取り対象であるかは、必ず確認が必要になります。

 

今回は、このアマゾンギフト券の種類と特徴についてまとめてみました。まずは、店頭にて購入できるタイプからみていきましょう。

 

 

○カードタイプのアマゾンギフト券

カードタイプのアマゾンギフト券は、店頭で購入することができるタイプのアマゾンギフト券になります。プラスチックのカードです。カードタイプは、販売店によって異なりますが、一般的には3,000円、5,000円、10,000円、20,000円のカードを購入できるようになっています。そのほかにも、バリアブルカードといって、1,500円から5,0000の間で、1円単位で好きな金額を指定して購入できるタイプのものもあります。

 

主に、コンビニ各店やスーパー、ドン・キホーテや古本市場などでラックなどにかけられて販売されています。カードの裏に書かれているギフトコードを登録して利用します。

 

 

○シートタイプのアマゾンギフト券

シートタイプのアマゾンギフト券は、コンビニ各店の専用機、またはレジ受付にて購入できるタイプのギフト券です。販売金額は、2,000円、3,000円、5,000円、10,000円、20,000円、25,000円となっており、取扱店舗によって扱い金額が異なります。こちらは、発効日から3年の有効期限がありますが、シートには発効日が記載されていないため注意が必要です。
次に、オンラインから購入が可能なアマゾンギフト券についてお話しいたします。

 

 

○Eメールタイプ

Eメールタイプのアマゾンギフト券は、指定したメールアドレスに直接届けることができるギフト券です。グリーティングカードのようにメッセージやデザインがされたタイプのものなどもあり、お好みで選ぶことができます。販売金額は、15円から50万円の間で1円単位で好きな金額を送り主側で決めることができます。

 

 

○印刷タイプ

こちらは、PDFを印刷してカードして使用するタイプのギフト券になります。形になるようにして贈りたいけれど、配送してもらうまでの時間がない場合などに重宝します。デザインも非常に豊富です。販売金額はEメールタイプと同様、15円から50万円の間で1円単位となります。

 

 

○パッケージタイプのアマゾンギフト券

こちらは、オンラインで注文をして、配送をしてもらうタイプのアマゾンギフト券です。ボックスタイプや封筒タイプ、グリーティングカードタイプ、そしてマルチパック式とバリエーションやデザインは豊富です。パッケージの中身は、カードタイプのアマゾンギフト券になります。販売金額は、商品によって異なりますが、5,000円、10,000円、30,000円、50,000円などとあらかじめ決められている中から選択する形になります。

 

 

○チャージタイプ

チャージタイプのアマゾンギフト券は、自身のアマゾンアカウントへ直接希望の金額をチャージするタイプのものになります。都度、クレジット払いをするのが面倒な方や、購入のたびに支払うのが面倒という方、ギフトコードの入力が手間に感じる人などに人気となっています。

クレジットカードの場合、決まった残高になった際に、一定金額を自動でチャージすることができる、オートチャージ設定をすることも可能です。また、支払いにはコンビニ払いも対応しています。

 

 

・アマゾンギフトカードの注意点は?

アマゾンギフト券は、非常に便利で用途も幅広いため、贈り物としても大変重宝するものになります。ただし、チャージタイプなどでは一部購入の際に使えないものがあるなどの声もあるため、注意は必要です。また、アマゾンギフト券売買においては、買取不可となるタイプのギフトカードもありますので、後々使わなかった場合の事を考えて選んでおくことも大切になるでしょう。

HOME