アマゾンギフト券買取の違法性は?

アマゾンギフト券の買取には、さまざまな意見が上がっています。中には、買取と聞いただけで現金化をイメージし、根拠もなく違法な手法であるという見方をしている人もいるようです。手元に、使用していないアマゾンギフト券を持っているけれども、違法性があるのではないかと不安に感じて買取依頼をできずにいる方もいらっしゃるでしょう。今回は、このアマゾンギフト券買取が違法性のある手法なのかについてお話ししたいと思います。

 

 

アマゾンギフト券を買い取ってもらっても法に触れることはありません

まず、アマゾンギフト券を買取してもらったからといっても、そのこと自体に違法性はありません。商品券やギフトカードなどを金券ショップに持ち込んで、買取してもらっても誰も逮捕されることがないのと同じです。しかし、換金を目的としたクレジットカードの利用は、クレジット会社で禁止している行為です。また、現金化を行う業者側も、やり方次第では違法性を問われることもあるでしょう。しかし、アマゾンギフト券は、コンビニで購入することも可能なギフト券です。アマゾンギフト券を買取してもらうことと、これらのクレジットカードの話は直接関連性のある話ではなく、違法性もないのです。

 

 

違法ではないが用途を誤ると規約違反には当たる

アマゾンギフト券を買い取ってもらうこと自体には、違法性はありません。しかし、Amazon側としては、転売目的や換金をすることを目的としてアマゾンギフト券を購入するのは、規約上認められていない行為になります。もし、規約違反であるとAmazon側が判断した場合には、該当のアマゾンギフト券は無効になります。また、Amazonの公式サイトから、クレジットカードなどを使用して、アマゾンギフト券を購入されている方の場合は、最悪アカウントの剥奪の可能性もあるのです。

 

 

ただし買取業者はどこでもよいわけではありません

アマゾンギフト券を買取する業者の中には、悪質な業者もあるため、注意は必要です。無用な不安を与えることなく買取を行ってもらえるよう、信頼できる業者で買取をしてもらうことが大切です。アマゾネックスでは、これまで3万件以上といった多くの方に信頼をいただいております。アマゾンギフト券の買取業者をお探しであれば、一度ご相談ください。

HOME